え?ゼニカル知らないの!?

ゼニカルのダイエット効果ってどのくらい?

ゼニカルは日本ではダイエット効果があることで知られていますが、外国では肥満治療薬に役立てられるほど効果が期待できるダイエットの薬です。販売が始まったのは1998年で、世界17ヶ国で肥満症と診断された患者の治療に効果を発揮しています。病院でもこの薬を処方された人は多くおり、ダイエットへの確かな効果が期待できます。
ゼニカルは、脂肪分の吸収を抑制して、ダイエットの食事制限を楽にする効果が期待できます。ダイエット後でもリバウンドしにくい健康的な体にすることも可能な痩せる薬として使用されています。
食べた脂分の30%を吸収させず、体外に排出することでダイエット効果が期待できます。体の中の脂肪分解酵素に影響し、小腸で吸収させるはずの成分と結合するため体に吸収されずに脂肪分は排出されてしまいます。
普段の食事を制限することなく、食間や食後に1錠服用するだけでダイエットが可能になります。ゼニカルで行なうダイエットは普段通りの生活で簡単に痩せることができるのです。脂分はダイエットには不必要な印象をうけますが、人の体を機能させるためには脂分は欠かすことができない栄養分のひとつです。過剰に摂取しすぎると体内に蓄積されてしまうため、余分は脂分に対してこの薬を活用するのです。
基本的には医師の診断を受けて使用することが望ましい薬です。
ゼニカルは食間または食後に1錠のみます。脂肪分を抑制する薬なので、脂肪に溶けているビタミンA、E、Kの吸収も抑制されてしまうため、ビタミンを補給するサプリメントなどと一緒に服用すると健康的なダイエットが可能になります。
脂肪分の吸収を阻害して脂溶性ビタミン不足にもなりがちなため、BMI値が24以下の人がダイエットで使用すると過度のダイエットになってしまったり、栄養不足にもなる可能性があるため注意が必要です。
肥満治療薬として開発されたため、1年以上の長期服用を前提として開発されており、脂肪分が分解された後の成分と結合して体外に排出されるため、体内に殆ど残らない副作用の少ないダイエット薬でもあります。服用し始めると腹痛や下痢などの症状が見られることはありますが、大きな問題となるような副作用ではないため安心して服用できます。
色々なダイエット食品や方法などがありますが、なかなか効果がでにくいことが多いです。ゼニカルはそれらのダイエット食品などとは異なり肥満治療薬として医療の現場でも活用されているため、その効果に関しては期待できます。

■ゼニカルのジェネリック医薬品
オベリット